BLOGブログ

2019年02月01日

もみほぐしについて。

コラム

【もみほぐし】
駅前、または、繁華街をぐるりと見回すと、
「2980円 全身もみほぐし」

というような、看板を見かけたことありませんか?

この10年くらいで、

60分のマッサージの定価 6000円(10分=1000円)
という概念が、

価格破壊という名の下に、
進んできました。

そして、
この文化が、定着したことで、

誰にでも、
手軽に、全身をマッサージするという、文化が生まれました。

そのおかげで、

ちょっと時間が余った。
ちょっと、疲れたので・・・。

という手軽さで、

体メンテナンスができるようになりました。

実は今、もみほぐし、マッサージ店は、
コンビニよりも数が、
多いとも言われています。

そして、
この価格破壊で、デメリットも生まれました。

価格が安くなったおかげで、
技術、テクニックが、劣化したとも言われています。

いわゆる「マッサージ事故」です。

体をゆるめるはずが、
逆にいためてしまう事故が多発したのです。

それは、
単純に、売り上げ重視になりすぎたためとも
言われています。

さらに、
セラピスト側のお給料が、
とても、安く、下がってしまい、
これによって、

セラピストの使い捨てという事態にも、
発展してきました。

つまり、数をこなさないと、
お給料が足りないという事態になってきたのです。

ですから、
セラピストの体がぼろぼろになってしまい、
とても、人を癒せる状態では、なくなってきたのです。

また、
過剰供給によって、
お客の取り合いが生まれてしまい、

お客様、重視の過剰接客に発展。

お客様のオーダーどおりに、マッサージをしたことで、

事故が多くなったとも言われています。

こうしたことから、
近年は、

もとに、価格帯に戻し、
良質なテクニックをしっかりともった
セラピストしか、雇わないお店を多くなってきました。

お店によって、
テクニックのほかにも、価格帯という、差別化が生まれています。



さて。
前置きが長くなりましたが、

もみほぐしとは、筋肉をもみほぐすという施術がメインになります。

じつは、
マッサージという言葉は、治療行為であり、
国家資格者が、使える言葉です。

しかし、
もみほぐす、もみほぐしという言葉にすることで、
民間資格、店舗資格という形で、

ある一定期間、技術の研修をうけることで、
手軽に、セラピストとして活動できるようになってきました。

そして、
国家資格者の方と、うまく店舗スタッフとして雇いいれることで、
技術の交流が生まれてくるようになりました。

つまり、
本来は、治療技術に近いテクニックを持っているスタッフさんが
いる場合、
そのお店全体のスタッフの技術も、格段に上がるようになってきたのです。

ですから、
単純に、筋肉に対してアプローチをしている以外にも、
しっかりとした、

修復技術、治療技術を用いた、
もみほぐしに進化していたりします。

内臓に近い、体の奥にある筋肉、腱といった部位を
しっかりケアしていたりします。

ひと昔前は60分6000円ほどコストをかけないと、

受けられなかったテクニックが、

全身もみほぐし60分2980円というようなお店でも、
受けられる可能性が出てきます。

さらに、
現在は7000円くらいまであったりします。

お値段が、高いお店は、店舗の内装がとても綺麗、
セラピストさんの衣装なども、まとまってあり、

・お店全体としても、世界観を売りにしている
・独自の技術を売りにしている
・セラピストさんの人気を売りにしている

など、

本当に多岐にわたります。


あとは、
自分の判断で、
お店を選んでみるしかないのですが、

基本的に、
一度、短めのメニューをお試しで受けてみることをおすすめします。


どちらにしても、

技術的には肩や腰、足など筋肉に対してアプローチし改善を図り、

ゆったりとした、時間の中で、

日常の疲れを癒す、憩いの場といった雰囲気を大切にしていたりします。




健美リヴ江古田店は、

江古田、東長崎を中心に、
地域に密着したお店づくりをしています。

お一人、お一人に寄り添った形で、

いつでも安心して、
体をほぐして、リラクゼーションできるお店です。


次回は、ボディケアについてです。
健美live~リヴ~ 江古田店

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-2418