BLOGブログ

2019年02月03日

カイロプラクティックについて。

コラム

【カイロプラクティック】

カイロプラクティックですが、
見かけたこと、聞いたこと、実際に受けてみたけど、

どのような施術法なのかは、
あまりご存知ない方のほうが多いのではないでしょうか。

マッサージとはどのような違いがあるのでしょうか?

簡単に説明していきましょう。

カイロプラクティックは全身の骨。

つまり骨格を整えていくことで、
体を整体、調整していくことに特化しているテクニックです。

骨格のゆがみを見つけ、
そのゆがみの原因を検査して、つきとめ、
時には、瞬時に
体の不調な部分を調整して改善、修復を図ります。

定番との言えるマッサージをテクニックとは、間逆で、

ほとんど、触れるか、ふれないといった手の感覚を用いて

スっと、体を変えていきます。

ですので、
いつ、どうやったのかが、

わかりにくく、
やってもらった感という感覚が薄いともいえます。

ですが、
治療系、重い長年の痛みといった場合には、
効果を発揮していくことが多いテクニックでもあります。

この2年ほどで、
急速にカイロプラクティックのテクニックが進化しました。

特に、おすすめなのが、

上原 宏 先生が開発して、
今、全国に広がっている話題のテクニック
「DRT療法」 DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)です。

このテクニックは、
じつは、誰にでも、できてしまうくらい
とても簡単なものにまで、

テクニックを落とこんであり、
家庭の医学として、注目されています。

是非、DRTの本をお読みください。

簡単ではありますが、
理論はとても複雑です。

それを長年の経験、研究開発の末に、
いまや、数多くのセラピスト、治療家が使用しています。

カイロプラクティックのテクニックをうまく
整体、マッサージ、ボディケアに使っているセラピストさんが沢山います。

もみほぐしとの相性もいいので、
カイロプラクティックという看板のお店と、
看板には、出ていなくても整体院や整体のコースの中で
カイロプラクティックの技術を使用するお店、セラピストさんがいます。

さりげなく、施しを経験されている方が多いのかもしれません。

従来型の、
ボキボキとやって骨格を調整するお店、

または、ボキボキしないお店、
筋肉の調整が含まれるお店など、独自の発展をしているお店もあります。


実は、
世界では、国家資格になっています。
医療の現場に用いられるくらい、複雑なテクニックでもあります。

日本では民間の資格になります。

カイロプラクティックとはアメリカ発祥の施術法で、
発案者 ダニエル・デイビット・パーマが 
理論的には、完全であるが、これを完全にできることはできない

というほど、
テクニックは難しいとの声があります。

ですので、

施す側のテクニックと経験がとても、大切であるということで、

当り、はずれがあるのも実状です。

逆に、体のゆがみを悪化させてしまう可能があるためです。

「DRT療法」 DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)は、そのことを、
考慮して、普通のマッサージのように心地よく、さらに、自然治癒力を

無理のない形で引き出していくことができると、
数多くの実績、実験結果から、安心して使えるものにまで、進化しました。


きっとこれからも、
よりよく進化していく分野だと言えます。



次回は、ストレッチです。
健美live~リヴ~ 江古田店

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-2418