BLOGブログ

2019年06月27日

筋肉痛ともみほぐし

コラム

慣れない運動や久しぶりの運動を行うと、数時間後から数日後についてまわるのが「筋肉痛」です。


筋肉痛は、筋繊維の損傷と乳酸の蓄積によって起こります。


血流によって残った乳酸を流すと同時に
回復のための栄養を筋肉に着実に届けることが大切です。


そして運動による筋肉痛は
もみほぐしやストレッチによって和らげることができるといわれています。


これにより血流の流れを良くし
乳酸を流し体内の新陳代謝が改善され、筋肉の疲労を回復させます。



逆に痛いからといって


【安静】にすると全身の血流が滞ってしまい筋肉痛が治りにくいだけでなく
治った後も伸び縮みしにくい硬い筋肉になってしまいます。


そして同じく【冷却】も実は良くありません!


運動直後のまだ体温が上がっているような状況のときには
筋肉に対するアイシングを行うことで微細断裂による炎症を最低限に抑えることができます。

しかし、運動の翌日など筋肉痛がでた後にアイシングを行っても
かえって血流を阻害してしまうことになり筋肉痛の治癒を遅くしてしまいます。
アイシング自体が悪いことではありませんが、運動直後に行うようにしてください。


一番、効果的で手軽な対処法は


トレーニング直後のように筋肉痛になる前の疲労物質が溜まってたり
緊張が残っている状態の時にマッサージを行えば、疲労回復を早める効果が期待できるでしょう。


しっかり乳酸を流しますので
運動後あまり時間を空けずに当店にご来店くださいませ♪


健美live~リヴ~ 江古田店

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-2418