BLOGブログ

2019年02月18日

ヨガをご存じですか?

コラム

ヨガを体験されたこと、ありますか?

ヨガが、こんなにもポピュラーになるとは、
思いもしませんでした。

ほんの15年ほど前は、
また、近くの市民会館などで、ひっそり個人で、
自宅サロンで簡単なスクールといった形、
または、
富裕層をターゲットとしたものが、
ひっそりとあったように思います。

それが、いまや当たり前の健康方法として確立しました。

駅前でも、大々的にCM、看板、WEBでも
本でも、とりわけ自宅でできる簡単なものが、

情報としてあふれています。

では、

あらためて、ヨガとはなにかをここで、
簡単にまとめてみましょう。

ヨガは、インドが原点のいわゆる体操です。

しかし、
もともと、仏教で悟り開くために、ブッタが、いろいろと開発した、
修行の一環でもあります。
つまり、儀式といってもいいでしょうか。

こうした方法を取り入れた経緯は、
とにかく悟りを開くこと。
どうすれば、悟りを開けるか?がその当時は、最大の関心であったわけです。

時がながれて、アメリカで、健康ブームが起こります。
そして、
いつの時代も、悟りを開きたいと健康になりたいと願う方がいるわけです。

そんな中で、西洋的なストレッチなどと組み合わせた、
より、ポピュラーなエクササイズして、広がっていきます。

ヨガは、呼吸を整えることが、基本にあります。

呼吸を整え、自分の体を感じ、そして、だんだんと、自分大きく広がっていく
イメージをもっていきます。
よくゆう、自然と一体となる感覚を身に着けるということでしょうか。

自然と一体になり、さらに、宇宙に意識を向けていきます。
こうして、
小さくまとまっていた、自分の意識、思考といったメンタルと体の滞りを、

整えていくことで、自然治癒力を発揮して、健康になっていくことを目指します。

さらに、
いくつもの哲学的なポーズをすることで、

脳の神経の経路を広げていく作用があります。

しかし、
よくヨガに通っている方でも、
とても、体が固く、具合がわるい方もいたりします。

なぜか?

じつは、そもそも、呼吸ができないくらい体がほぐれていない状態だからです。

呼吸ができて
はじめて、ヨガにいくとさらに!良いという思いが
マッサージ、整体、ボディケアをしている、
セラピスト側の感覚でもあります。

実際に、ヨガに週3回通っているけど、疲れがとれないといった方が
ご来店されることも、沢山あります。

ほとんどの場合、骨が固く、動いてなく、内臓の位置も下垂して、
全体的に、滞りがあり、血流がわるすぎるのです。

そのうえで、無理なポーズ、姿勢、そして、呼吸をやっても、
疲れてしまう、または、体をさらに
疲弊させていくことにつながっていることもあります。
そういった場合は、
まず、ほぐしてください。

マッサージや整体、もみほぐし屋に行って、
まず、よくほぐして、すこしずつ、
ストレッチ整体などをしてもらうといいでしょう。

そして自宅で簡単な、ヨガの中でも、
プレヨガとよばれる、ヨガをするための
ヨガをやってみるのもいいしれません。

ヨガの基本のポーズの動きをすべて網羅して、
分析すると、

とても、簡単な関節運動であることがわかります。

つまり、自分で、関節の動きを確かめながら、
すこしずつ、逆関節をすることが、ヨガの基本になるのです。

とっても簡単な構造が、ヨガにはあるんですね。

筋肉を動かくのでは、なくあくまで、
骨から動くコツをつかんでみては
いかがでしょうか。
健美live~リヴ~ 江古田店

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-2418